不動産売却の仲介手数料の相場は?

家売る際には、売却価格をそのまま買主から受け取ることはできず、さまざまな経費がそのなかから差し引かれる可能性があるものです。売却金額がいくら高くても、実際に手にすることができる金額が低くては話になりませんので、あらかじシミュレーションをしておくのがよいといえるでしょう。
こうした不動産売却にかかわる経費のなかでも大きなウエイトを占めるのが、不動産会社に対して支払うことになる仲介手数料と呼ばれるものです。この仲介手数料というのは、不動産売却をする本人にかわって、不動産会社のほうで広告宣伝をしたり、購入希望者の現地案内や契約の手続きのサポートをしたりといった、さまざまな活動の対価となるものです。
仲介手数料の相場については気になるところですが、実は宅地建物取引法のなかで、その上限となる金額は決まっており、不動産会社が不当に経費を吊り上げることはできないしくみになっています。上限金額は、不動産売却をする際の売却代金に応じて何段階かにわかれており、200万円以下の部分については代金の5パーセント、200万円を超え400万円以下の部分については4パーセント、400万円を超える部分は3パーセントという目安に、消費税に相当する金額を足したものとなります。
法律による計算方法はやや複雑ですが、不動産会社でも法律の範囲内で最大に利潤を上げることが望ましいので、基本的にはこの上限金額が、すなわち仲介手数料の相場と考えられます。ただし、法律が定めているのはあくまでも上限金額ですので、不動産会社によっては、仲介手数料を少なくするようなサービスをしている場合もあります。